アレルゲン除去すること

アトピー性皮膚炎が起きてしまう環境には、アレルゲンと呼ばれているアレルギーそのものを引き起こすと考えられている物質があります。その物質を除去しなければ根本的な完治は見込めないでしょう。

掃除物質とは、ダニ・カビ・ほこりなど部屋の中に存在しているアレルゲンです。部屋の中が絨毯が敷かれているのであれば、フローリングにしてみましょう。ベットや布団などの寝具類はこまめに洗濯したり、干してホコリを落としましょう。また、布団用の掃除機を用いて、布団の奥深くに存在しているダニを除去します。ぬいぐるみなどもダニの住処になると考えられていることから、ホコリなどを払うことや数も減らすといいですね。

サッシのパッキン、浴室の天井にもカビは繁殖します。普段からきれいに掃除をしておくことがアレルゲンを抑える一番の方法だと言えるでしょう。

肌のバリア機能を守るためにも、乾燥した肌が少し回復したから平気などと言って、スキンケアを中断しないでください。アトピー性皮膚炎は、慢性疾患と考えられています。外用薬などを用いて、徐々に肌の調子が良くなってきても油断しないでください。きれいに肌を保つこととスキンケアを欠かさないことで、健やかな素肌でいられるのです。

バリア機能を高めよう

バリア機能の回復こそが、アトピー性皮膚炎を治療するための最も大切で重要なことだということを覚えておきましょう。

クリームアレルギー物質だけでなく、汚れた肌であったり、余計な物質を含んでいる汗などが皮脂腺に侵入して、表皮付近に刺激を与えて、潤っていたはずの水分が蒸発してしまうことで真皮では炎症が生じてしまうのです。そうならない為に肌を健やかに保つことに専念してみるといいですね。

アトピー性皮膚炎の治療方法を知ることで、皮膚のバリア機能に対しての認識も高まることでしょう。代表的な治療法は、薬物療法です。これは、かゆみなどの炎症を素早く抑えます。かゆみが出ているのに我慢する必要もありませんし、我慢できずに掻き壊してしまうことの方が問題です。医師の元で処方されますので、指示に従い適切に飲めば安全だと言えるでしょう

そして、毎日のスキンケアはとても重要です。起床後だけでなく、運動後や夜の入浴タイムに丁寧に洗うことで黄色ブドウ球菌・皮脂・汗などのアトピー性皮膚炎を起こすと言われている要因を洗い流してください。洗顔クリームもアトピーに適しているものを使うようにするといいですね。しっかりと水分を拭き取れば完了ではありません。肌はすぐに乾燥するので保湿成分のクリームなどを塗りましょう。

<参照サイト>みんなの肌潤糖 / アトピーケア商品

アトピー性皮膚炎とは

子供たちに多く見られる皮膚炎の代表格がアトピー性皮膚炎です。強いかゆみを伴うだけじゃなく、掻き壊してしまうと、炎症が皮膚に広がってしまいます。掻いた皮膚が隆起して紫色になることもあります。体内に入ったアレルギー物質に強く反応することで起きたり、食べ物などからも炎症が生じてしまうこともあり、我慢している子供たちを見るのも心配ですしどうにかしてあげたいですよね。このサイトでは、アトピー性皮膚炎における皮膚のバリア機能について確認したいとおもいます。

女性ところで難しい表現ですが、皮膚のバリア機能とは一体どのようなものなのでしょうか。皮脂膜の下には何層もの角質層が並んでいます。その一つ一つを繋いでいるのがセラミドと呼ばれている細胞間脂質です。また、角質層にも役割があります。肌が乾燥しないために体内に存在する水分が蒸発することを防ぐ働きと、アレルギー物質などの異物混入を未然に防ぐためのバリア機能です。ハウスダストによるダニなどのアレルギー物質と大気汚染などの細菌が体内へと入り込もうとしているのを防ぐ訳ですからしっかりとした働きかけをしてくれている訳です。

アトピー性皮膚炎が起きてしまう原因は人それぞれなのですが、それでも皮脂膜、セラミドなどの量が極端に少なくなっていることで、角質層間に隙間ができてしまい、アレルギー物質が侵入しやすくなってしまうのですどうすれば未然に防ぐことができるの、角質層を潤い豊かに保つためにできることを考えてみましょう。