アトピー性皮膚炎とは


子供たちに多く見られる皮膚炎の代表格がアトピー性皮膚炎です。強いかゆみを伴うだけじゃなく、掻き壊してしまうと、炎症が皮膚に広がってしまいます。掻いた皮膚が隆起して紫色になることもあります。体内に入ったアレルギー物質に強く反応することで起きたり、食べ物などからも炎症が生じてしまうこともあり、我慢している子供たちを見るのも心配ですしどうにかしてあげたいですよね。このサイトでは、アトピー性皮膚炎における皮膚のバリア機能について確認したいとおもいます。

女性ところで難しい表現ですが、皮膚のバリア機能とは一体どのようなものなのでしょうか。皮脂膜の下には何層もの角質層が並んでいます。その一つ一つを繋いでいるのがセラミドと呼ばれている細胞間脂質です。また、角質層にも役割があります。肌が乾燥しないために体内に存在する水分が蒸発することを防ぐ働きと、アレルギー物質などの異物混入を未然に防ぐためのバリア機能です。ハウスダストによるダニなどのアレルギー物質と大気汚染などの細菌が体内へと入り込もうとしているのを防ぐ訳ですからしっかりとした働きかけをしてくれている訳です。

アトピー性皮膚炎が起きてしまう原因は人それぞれなのですが、それでも皮脂膜、セラミドなどの量が極端に少なくなっていることで、角質層間に隙間ができてしまい、アレルギー物質が侵入しやすくなってしまうのですどうすれば未然に防ぐことができるの、角質層を潤い豊かに保つためにできることを考えてみましょう。